アラサラリーマンの大逆転ナンパブログ

30歳までに自分にとって理想の女性と結婚するための日々の活動を自分のために、読んでくれる人のために一生懸命書いていきます。

香港人のナンパ方法

~会社帰りの某所~

目の前を、高身長・超小顔・ベビーフェイス・ビッグシルエットコートでおしゃれな子が歩いている姿が目に飛び込んできました。

最近、視界を広く持ってすてきなシルエットに反応して女の子を見つけるスキルを習得しようとぼんやり大きく前を見ているのですが、そこに見事に引っかかりました^^

 

声かけのスペースも十分。(これ、自分にとってはブレーキにならないために大切)

僕:「どこいくの?もう帰る?」

女:無言。

僕:「いやいやいや、待ち合わせとか?」

女:「Sorry, I don't speak Japanese.」

僕:「Oh, where are you from?」

女:「香港」

僕:「For sightseeing?」

※香港の人は広東語、標準中国語、英語が話せることが多いです。一番話せる英語で応答。

女:「Yes.」

僕:「Did you come alone?」

女:「Yes」

僕:「Where are you going now?」

女:「Shopping」

僕:「What do you buy?Clothes?」

女:「Food」

僕:「Then, I can take you good restauranr^^」

 

単語ばっかりの返答でそっけない感じでしたが、一人で旅行に来ていてご飯を食べるところを探していることがわかりました。

そこからは、並行トークで飲み屋街のお店を色々紹介しながらこれまで行ったところを聞きながら和みます。

最後はオススメのご飯やさんを聞いてきたので、近くの炉端焼きにご招待。

 

この子、日本に来たくせにまったく日本語しゃべれず会話を続けるのが大変でしたが漢字で筆談してみたり、これ食べてみて、とサザエの塩焼きを勧めてみたりでなんだかんだ盛り上がりました。

こっちの英語がカタコトな分、女の子も聞き逃さないよう真剣に耳を傾けてくれたと思います。

 

・楽しい旅行中のはずなのでどこにいって何を食べて・・・というのを写真を見せてもらいながら教えてもらう

・日本と香港の違いを語ってもらう

・最近別れた彼氏の話を語ってもらう(探偵だったらしいです笑)

 

わからなかった部分もありましたが、とてもたくさん話してくれました。

(最初は単語しか話さなかったくせにっ!)

女の子がどこの国の子であっても、目指す会話の方向性は同じなのだろうなぁと思った次第です。

 

炉端焼き後、しぶりながらも30分だけ!とカラオケへ。

しかし、歌うよううながされて一曲目歌ってしまったが最後、完全に普通のカラオケに笑

成果としては、髪の毛細いねー(「Your hair is  so thin!」)と言いながら髪の毛触っても何の抵抗もなかったこと。

後から聞いても、特に髪の毛触られるのを嫌がる国民性ではないようです。

(マレーシアではやめたほうがいいと言われたことがあります)

英語オンリーで連れ出せたこと、カラオケに入れたこと、香港文化に詳しくなったこと(香港では婚活アプリが大ブームらしいです笑)は自分の中で良い経験になりました。

 

「声かけられたときは一人にして欲しい、逃げたいと思ったけどすごいいい経験になったし楽しかった。(英語で)」

 

と言ってもらえたのは良かったですが、結局いい人で終わってるんですよね。。。

そこは向上ポイント。即のときみたいなクズキャラを通せればいいんですが。

 

次会ったときはもっと仲良くなろうね!笑(1~2年後にまたくるらしい)