読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサラリーマンの大逆転ナンパブログ

30歳までに自分にとって理想の女性と結婚するための日々の活動を自分のために、読んでくれる人のために一生懸命書いていきます。

声かけ時の姿勢について気づいたこと

女の子に声をかけるときに姿勢よく声をかけることはナンパ界の基本として広く知られています。

 

では良い姿勢とは?

 

パッと浮かぶのは背筋を伸ばすこと。

 

それだけ意識すれば思わず反応してしまういい声かけになるのでしょうか?

自宅の全身鏡に向かって声をかけてみました!

 

僕:「どこ行くの?もう帰り?」

鏡:無視。

僕:「いやいや、なんでそんな怒ってるの?」「ちょっとしゃべりましょーよ」

鏡:無視。

 

自分の姿を見ていて、確かに背中は曲がっていませんが、何か違和感が。

 

背筋を伸ばすだけではどうやらダメな模様。

 

よくよく観察すると違和感の正体がわかりました。

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

顎の位置

 

 

 

相手への興味が無意識に反映して、顎が前へ少しせり出しニワトリ的な絵になっていたのです。

以前、腰痛になったときに普段意識すべき姿勢を調べたときにある本を読みました。

その本に顎位置の重要性が書いてあったことがフラッシュバック。

ちなみにこの本です↓

アゴを引けば身体が変わる 腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育 (光文社新書) | 伊藤 和磨 | 本-通販 | Amazon.co.jp

ここに書かれている、顎位置の目安として(静かに!という意味の)「シーっ」のポーズを胸の前でして、顎が人差し指より前にでなければOKというのがあります。

 

http://01.gatag.net/img/201506/07l/gatag-00006452.jpg

それを意識してもう一度鏡に声かけすると、随分自然な感じになりました^^

できる人は自然にできてると思うのですが、一度意識してみてください。

(このお姉さんはこの指を下方向に下げても、顎は指を超えそうにないのでいい姿勢ですね!)

 

ちなみにそれに気づいたあと15人くらいに声かけましたが、まだはっきりとした違いは生まれていません笑

あと100人くらい声かけてからまた統計を取ろうと思います!